書きはじめ

7月初めから、なんとなく行き違いが多くなったんぁという気がしてた頃。
夫が風邪をひき
何時もの夏風と思って町医者で診察してもらったが、、なかなか熱が下がらず、
再診に行った時総合診療科を紹介される。
その日から、、
今日にいたる。

まず、首のリンパが何個も腫れていて、絶対何かあると太鼓判押され、内視鏡やCTや血液検査、細胞診や、ペットまで受け、、しっかり何個もの癌が見つかる。

22日には奥さまと来て下さいと初診の日に言われる。
奥さまの私も画像果見ただけで全てを了解、。

夫は自営業だったのだが、パタパタあたふたと家業を廃業し、入院に至る。


まず、入院3日目にイロウ手術を受ける。
お粥を食べれたころから放射線治療が始まる、週末一泊で帰宅出来ても、
微熱が出て、だるそうで寝てばかり
。この時は、日曜夜に病院に帰ると熱が下がった。

翌週から抗がん剤治療も始まる。ステロイド効果でカラ元気がでてこの週は元気な顔食欲も有る。

次の週末一泊外泊で帰宅する、午前中親せき回り2軒済ませ、お昼は普通に食べれてる。食後横に成り夕方まで寝る、夕がた38度台まで発熱し病院へ送っていく。
この頃から喉の皮膚が赤くなり出し、声も枯れたりした。

日曜お昼面会に行くと未だ熱が下がらず、抗生剤や点滴、解熱剤投与。

この日の夕方又37度6分。

夕食は食欲も少し落ちたみたい。















~~~~~~~今夜は地蔵盆の花火の音が聞こえてます。今年は夏が無かったような日々です。まだまだこれから治療が本格的になる。一番つらいのは本人。家族は支える。
私も体力保持しながら長期戦にそなえなきゃあ~~と思ってる。
17歳認知症の徘徊ワンコの世話と、施設に居る義母の世話と、仕事も有る、
イロイロ有るが乗り切るしきゃないな。。と。思う。
節約生活は更に厳しくなるね!
[PR]
トラックバックURL : http://siosarada.exblog.jp/tb/23237193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by senbeis | 2014-08-24 20:19 | 家族 | Trackback | Comments(0)